2019年03月27日

私信2607回目 慣れるとホント死闘みたいな感じでとても楽しい<隻狼

隻狼続遊

この所ずっと隻狼やってます、観空です。
もうかなり終盤っぽい雰囲気ですし、そろそろ終わってしまうかもですね(´ヮ`;)

でもまあとても難しいですがとても楽しいですし、もしクリアしてもまた遊びたい感じはありますね。
プレイヤー技術が8割位占めてそうな難易度なので最初からやったら今なら結構サクサク行けそうな気もします。
とりあえず更新した後も引き続き遊びますかね。

……メイン武器が刀だけで固定なのは少しだけ寂しいですが、サブウェポンやアクションでまあ戦法自体は色々あるから良いですかね(´ヮ`;)








観空
隻狼独特のアクションに慣れてくると割とサクサク敵を倒せるバランスではあるけどー。


紅桜
ただこっちもサクっと死ぬな。















廃墟の語り場様
>夜泣きと言えば、ロゼも引き取った初日に怖い夢を観て大泣きしたんよねえ。
 川の字の幅を狭めて腕枕してあげたら、そのまま朝までグッスリだった思い出。
>結果、数年間は腕枕での就寝が続きました。
 溶岩プールの方は実際の目印としてでは無く、地図上の目印として活用してます。
>3DS版は地図が下画面に常時表示されてるんよ。
 で、溶岩の赤色って地上では滅多に無いから、拠点近くにプールなり滝なりを作っておけば、目印として使える感じ。
>本物の地図みてえに、直接マークでも付けられれば楽なのにな。
 3DSならタッチペンも有るし、出来そうなモンだけんが。 
>溶岩タワーは、以前に作ってましたよね?
>ん、それこそ遠征中の目印として作ってたんだけど、距離が離れると結局は見えなく為っちゃうんで止めたんよ。
 地図で目立たせるなら、縦に長い噴水より横に広がる溶岩プール。
>軽石やら砂利やらで道を作ったりもしてましたが、何だ彼んだで溶岩が一番手軽でした。
 ちなみに現在は、地図埋めでの遠征中に見付けた海底神殿を砂攻め中です。
>見付けた時はテンションが上ったけど、砂の量が桁違いに必要でちと辛たん。
 さて置き、カナメの方は快楽方面での調教も進んでいるそうな。
>おやおや。
 今では素肌の上を撫でただけで、素敵な声を聞かせてくれますからねえ。(ぐにぐに、もにゅもにゅ)
>おふぅ♪(ビクン)
>止めい。
 ってか、だからサラッと帰って来んなっての。
>あ、あはははは……。 


観空
安心を与えるのに一緒に寝るのは大事ですよねぇ。


紅桜
周囲で何が起きているか理解できる、物心ついている年齢ならソレが良いな
で、3DSのマイクラは地図がデフォ表示なのか。


シリアル
MODで似たようなものはありますけど、アレとても便利だった覚えがありますね。


観空
そだねぇ、近所で迷うことがほぼなくなるくらいには便利。
PC版だから自分で覚える、もしくはちゃんと地図作らないとダメだけど。


紅桜
そして溶岩タワーは既に作成済みか。
だが確かに表示距離の限界もあったな。


シリアル
3DS版の設定は分かりませんが、PC版で言う表示距離ノーマルくらいなんですかね?


観空
んー、マシンスペック的にそんな遠くは見え無さそうだしねぇ。
地図もそのためにデフォで付いてるのかも。


紅桜
表示範囲はかなり重要な要素だしな。
高台に登って周囲の確認や、ネザーでも近い距離しか見えない設定で遊ぶとガストが見えん距離から爆撃したりしてくるようだし。


シリアル
かなり厄介ですよね、それ。
厄介と言えば海底神殿も相当厄介ですけど。


観空
ただでさえ水抜きとかで面倒だったりするからねぇ。
っと、快楽方面も順調と。


紅桜
そっち方面ならワシらも好物だな。
まあ一言に快楽と言っても手段は様々だが。


シリアル
詳細言えない場ですけどね、ここ。


観空
言えない事はあっちでやる感じよねぇ。
あ、肌とか色々堪能するって事だけは言えるけど(むにむに


紅桜
ん、堪能される側として楽しもうか、シリアル殿も一緒に。


シリアル
そうですねー、楽しみたい気分ですしね。


リディ
はいはいそういう事なら多分分かってるんだろうけど移動してね〜。


観空
その辺りは抜かりないのでご安心を、ではまたー。


モーシル
行ってらっしゃーい。




posted by 観空 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然な私信などなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185775262
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック